入社挨拶のポイント

明るくはきはきとした印象を残そう

 

 新入社員として入社をしたら明るくはきはきと振舞いましょう。周りの先輩社員が、どんなに自分よりも若くても、技術が劣っていたとしても、その会社にいる期間は、自分よりもはるかに長い人たちばかりです。

 

 まずは尊重をして、明るくはきはきと接することが大切です。人間の第一印象はわずか数秒できまります。どんなに気分が優れない日でも、笑顔を絶やさず明るくいる事で人間関係がよくなります。
 初めの数秒で、これからの関係が変わってきますので、出だしは大切にしましょうね。

 

簡単な自己紹介は必ず行う

 

 新入社員として入社をした後に、自己紹介をする機械があれば簡単な自己紹介をしましょう。明るくにこやかに、自分のセールスポイントを少し伝えるといいでしょう。

 

 全員の前で話せる機会があれば、一人ひとりに伝えなくてよくなるので一石二鳥です。これまでの経験や、前職の話、趣味や特技についてひとつふたつ、簡潔に述べるといいでしょう。

 

 自分の自己紹介を少し織り交ぜることで、人間関係を構築しやすくなります。興味を持った先輩社員が話しかけてくれやすくなりますし、思わぬ仲間が出来たりするものです。

 

 最初の挨拶では、簡単な自己紹介を言えるように、最初から話をまとめておくといいですね。

 

<関連記事>
入社手続きのまとめ
途中入社での注意点


TOP 飲食業への転職の流れ おすすめ求人サイト