入社手続きのまとめ

入社には手続きがつきもの

 

 正社員として入社をすれば、手続きは必ず必要になります。株式会社や有限会社などである企業は、社員に対して行わなければならない決まりがあります。

 

 たとえば、法律によって定められているのは社会保険の適用です。一定の定められた期間までに従業員の保険加入の手続きを済ませ、しっかりとお金を納付しなければなりません。

 

 また、所得税、住民税、社会保険料などは、給与から天引きして徴収する義務があります。そしてその徴収したお金は、一括納付することも求められています。つまり、これらの一連の作業のために入社前には労働契約を交わす必要があるのです。

 

入社手続に必要な書類

 

 一般的な企業では、入社手続きに必要な書類を提出しなければ入社が認められません。いくつかの書類は、どこの企業でもほぼ提出を求められます。

 

 ・年金手帳:年金手帳は、勤務先で保管する場合もあります。万が一前職場で保管していた場合には、しっかりと退職時に返却をしてもらいましょう。

 

 ・雇用保険被保険者証:前職を退職するときに受け取る書類です。
 ・源泉徴収票:全職場で退職するときに受け取ります。
 ・扶養控除等申告書:扶養者がいる人もいない人も、税金、社会保険の手続きなどに必要になります。企業から所定の紙を渡されるので記入と捺印をして提出をしましょう。

 

・健康保険被扶養者異動届:社会保険の手続きで必要になります。扶養者のある人だけが求められるので、企業から法令用紙を貰い記入と捺印をします。

 

 ・給与振込先の届書:給与の振込みをしてもらう口座を届けます。

 

<関連記事>

 

入社挨拶のポイント
途中入社での注意点


TOP 飲食業への転職の流れ おすすめ求人サイト