志望動機を聞かれた際の対策

志望動機は必ず聞かれる質問

 

 志望動機は必ず聞かれる質問の一つです。「どうしてこの仕事を選んだのか」と言うのは、企業にとって聞きたい質問の一つです。誰がついても構わない仕事であれば聞かれることはありません。

 

 それぞれの個性を大切にする企業であるからこそ、希望者の志望動機を尊重します。志望動機を聞いたうえで、希望ポジションに人材が合っているかを検討します。

 

 また、話をしている内容が本心なのかも見極められます。必ず聞かれる質問なので、きちんと自分の考えをまとめておくべきでしょう。

 

志望動機は具体的に話すのが大事

 

 志望動機は具体的に話をするようにしましょう。どうしてこの仕事をしたいのか、何故他の職種ではないのかを考えておくべきです。特に、飲食業の中でも特定の企業を選んだ理由をはっきりと伝えましょう。

 

 そしてその企業の中の特定のポジションを選んだわけを明確にしなければなりません。例えばファストフード店であれば、「ハンバーガーが好きだから」という理由だけでは足りません。

 

 パン屋で「パンを焼くのが好きだから」と伝え多だけでは、「どうして隣のパン屋ではないのでしょうか?」と言い返されてしまいます。

 

 実際に食べてみて美味しかった、店員さん同士が仲がいい事が印象が良く感じたなど、何かほかの企業ではなく、特定の企業を選んだ理由を話しするといいですね。

 

 

<関連記事>
飲食業の面接で聞かれる質問集
自分の長所や短所を説明できるようにしておく

 


TOP 飲食業への転職の流れ おすすめ求人サイト