職務経歴書の見られているポイント

内容が分かりやすいかを読み直してみよう

 

 職務経歴書で大切なことは、職務経歴を分かりやすく伝えることです。これまでどのようなことをしてきたのか、企業名、部署名、仕事内容などを書きます。

 

 また、それぞれの仕事で行った仕事内容について例文を盛り込むといいでしょう。どのようなプロジェクトを行って、どういう役割を担ったのか。それぞれ具体的な数字を書き、誰でもわかりやすく書くことが大切です。

 

 具体的なエピソードは情景を創造しやすいです。過去の出来事と同時に、将来への思いややりたいことを伝えるのも手です。

 

 

見た目が見やすい書類かどうか確認

 

 職務経歴書は基本的にフリースタイルになります。自分で構成して、文字を埋めることになるので、自分なりにまとめることが出来る書面です。

 

 しかし、相手に自分のことをアピールしようとする思いが強ければ強いほど余計なことを書く人が出てしまいがちです。内容をしっかり書こうとする反面、長文で長くだらだらと書いてしまうのはよくありません。

 

 また、アピールをする中で例文が2つも3つもあるのは何を言っているのかわけが分からなくなります。職務経歴書は、基本的に2〜3枚の長さです。

 

 ポイントポイントで箇条書きにしてまとめて、分かりやすい文字を並べるべきです。分野別、経験別、そして時系列で業務ない羽陽をまとめましょう。

 

<関連記事>
まずは自己PRについて考えてみる
履歴書の見られるポイントについて


TOP 飲食業への転職の流れ おすすめ求人サイト