まずは自己PRについて考えてみる

分かりやすく例文を加える

 

 自己PRを伝える時には、分かりやすく例文を伝えましょう。例えば、「より良く改善する事が得意」という長所があるという事でしたら、具体的に何を変えたことがあるのかを説明する分が必要です。

 

 文字だけでは、何を言いたいのかが伝わってきにくいです。より記憶に残る説明をするためには例文を加えるのが一番でしょう。先ほどの一例の長所であれば、今までのシステムをどのように改善したのかを伝えましょう。

 

 これまで飲食業での経験がある人でしたら、「閉店後の片づけをより効率化して残業を減らした」「アルバイトのシフトと仕事の管理を効率化した」などと伝えるといいです。

 

 また、この「効率化」について、何を具体的に改善したのか、簡潔かつ分かりやすく伝えます。

 

具体例はまとめて解りやすく伝えることが大事

 

 自己PRは分かりやすく具体例を出すことが求められます。これは、相手の記憶により残りやすなる為です。ただし、具体例はいくつも出せばいいというわけではありません。

 

 自己PRを作るときに、ついつい自分の良さを相手に伝えようとして、いくつも例を出す人がいます。確かに、素晴らしい経験は沢山有ったかと思いますが、何もすべてを伝える必要はありません。

 

 いくつも伝えていくと重要なポイントが薄れてしまいがちです。伝えたい話の中でも、特に大切なイベントを一つ残して、残りはひとまずとっておきましょう。沢山の事を幅広く伝えるよりも、一つの事を深く説明するのが一番です。

 

 

<関連記事>
履歴書の見られるポイントについて
職務経歴書の見られているポイント


TOP 飲食業への転職の流れ おすすめ求人サイト