飲食業の転職活動まとめ\23歳 女性

23歳女性
DTPデザイナー
飲食業
リクナビNEXT

 

 

 転職しようと思った一番のきっかけは勤務時間の長さです。

 

 朝8時半出勤、月末などの忙しい時期にはそのまま日付を超えて作業をすることも少なくありませんでした。

 

 高卒で就職して23歳までの約5年間勤務していましたが、一向に残業時間が減る事は無くスキルアップすればするほど与えられる仕事量が多くなって行きました。

 

 それでいて給料は入社時とほとんど変わらないくらいだったのでこれ以上働いていても自分の為にはならないと思い転職を決意しました。

 

 

 

 本当は前職と同じDTPデザイナー希望だったのですが、募集が少ない割には人気が高く、よほどのスキルを持った人でないと正社員として雇って貰うのが難しいことです。

 

 印刷会社5年勤務、フォトショップ、イラストレーターなどの専門ソフトも使用できるという条件ならばそれほど苦労せずに次の仕事も見つかると思っていたのですが、甘すぎる考えでした。

 

 結局私は第一希望の職種は諦め全く違う飲食業へ就職を決めましたが、転職活動をしていた上で募集先が少ないというのが一番苦労した点だと思います。

 

 

 

 必ずしも第一希望の職種だけにこだわらなくても良いと思います。

 

 私は結局最初に希望していたDTP関係とは全く違う職種に就きましたが後悔はしていません。むしろ自分にはこっちの仕事の方が合っているとすら思えました。

 

 全くのゼロスタートでまた新しい仕事を覚えるのは確かに大変ですが、違った自分を発見できる良い機会になるかもしれません。

 

 少し視野を広げて違う仕事をしている自分を想像してみると「意外とアリかも」と思える時がありますよ。

 

他の転職事例も読む


TOP 飲食業への転職の流れ おすすめ求人サイト