飲食に転職する方にもヒントになる横須賀市のドル旅まつり

飲食に転職する方にもヒントになる横須賀市のドル旅まつり

 円安になっても国外へ旅行に出かける人は増加するなど、海外旅行は相変わらず人気が高いようです。海外旅行に行く前に円からドルに両替する人もいれば、旅行先の両替所で円から現地の紙幣に両替する人もいます。ドルや外国の紙幣は帰国したときに日本の空港でも円に両替できますが、そのまま自宅のタンスに眠ったままになっている場合も多いと思います。

 

 

タンスのドルで楽しもう

 そんなタンスに眠ったままになっているドルを使える飲食店が、横須賀市のアメリカ海軍横須賀基地の周辺にあります。横須賀市と横須賀集客促進実行委員会が観光客を呼び込むきっかけづくりとして2013年7月1日から8月31日までの2ヶ月間、アメリカのドル紙幣を使って基地周辺のお店で買い物や飲食を楽しめる企画「夏の横須賀ドル旅まつり」をスタートさせたのです。

 

 この企画を知った観光客がなかにはわざわざドルに両替して基地周辺のお店を訪れ、アメリカ文化の雰囲気が漂う横須賀で異国情緒を楽しんでいます。基地周辺のお店は以前からアメリカ海軍兵が支払うドルの支払いに慣れていて、レートも1ドル100円で固定しているお店もあれば為替に応じて変動するお店などさまざまです。

 

意外な企画に応募殺到

 今回の企画は50店舗限定で行われましたが、募集の締め切り後も希望するお店が相次ぐほどの人気です。円安になって日本を訪れる外国人観光客が増えていますが、これから飲食の仕事に転職する方も外国人観光客向けの企画や、今回の企画のように異国情緒を味わえるようなアイデアを考えてみてはいかがでしょうか。


TOP 飲食業への転職の流れ おすすめ求人サイト