飲食業界へ転職したいなら、思い切って独立開業!

 飲食業界へ転職しようと考えている人はよく情報を精査しなければなりません。というのも、飲食業界はブラック企業がかなりたくさんあるからです。

 

 重大な事件を起こした飲食店などを調べてみると、やはり管理がずさんであり、従業員を馬車馬のように使っているような印象さえ受ける内部の実態が明らかにされています。

 

 


  飲食業へ転職したいのならチェーン店などではなく、思い切って開業してみる、というのも一つの手段です。なぜ開業なのかと言えば、自分で開業して働けばブラック企業に捕まる心配はありませんし、心身ともに健康に過ごせるからです。

 

 問題は店が順調に経営できるのかどうかですが、やり方次第で上手くいったりいかなかったり、と少しギャンブルのような面もあることは事実です。

 

 さて、では独立開業するための必須知識を一つだけ披露します。コーヒー一杯の原価、いくらだかご存知でしょうか? 私の知り合いに喫茶店を営んでいる人がいて、一度話を訊いたことがあります。

 

 なんと原価は10円も掛からないのだそうです。たとえば一杯150円で売ったとしても、140円の利益が出ます。一人で店を切り盛りすれば、140円がそのまま入ることになります。

 

 コーヒーと何かしらのおやつをセットで250円で出せば買う人は少なくないでしょう。あとは立地などの問題ですが、自分で調べたり人の話を聞いてみれば自分なりのやり方も見つかるはずです。どうしても飲食業に携わりたいのであれば開業資金を貯めて、自分の店を持ってみて下さい。


TOP 飲食業への転職の流れ おすすめ求人サイト