飲食の世界に新たなサービス登場


 飲食の世界もグルメ情報サイトの「ぐるなび」やクーポンサイトの「グルーポン」などさまざまな販促が行われていますが、2012年11月からまたパソナグループのベネフィット・ワンが「食べタイム」という新しいタイプの早割りサービスを始めました。
 「食べタイム」は15日あるいは30日以上前の予約にかぎり、コース料理や飲み放題食べ放題などのセット料理が半額になり席も指定できるサービスです。これは「グルーポン」などではぎりぎり待ったほうがより安くコース料理が食べたれたりするので、飲食の世界では早割サービスがあまり利用されていないからです。

 

 ここに目を付けたのがベネフィット・ワンで、「食べタイム」はお客にもお店にもメリットがあると考えています。お客にすればコース料理やセット料理が半額で食べられ、お店側は「ぐるなび」や「グルーポン」とは違い広告の掲載料や紹介料を支払う必要がないからです。

 

 「食べタイム」の予約は現在はスマートフォンでしか行えず、またクレジットカードでコース料理やセット料理の料金を決済する必要があります。また「食べタイム」の加盟店も現在のところは7000店ですが、ベネフィット・ワンでは2016年3月までに加盟店を10万店まで増やす予定です。

 

 

 スマートフォンなどの普及で今後は飲食情報だけでなく、転職情報などの新しいサービスが登場するかもしれません。まだ誰も思いついていなような転職サービスができれば、新たな転職市場にニーズが生まれるかもしれませんね。


TOP 飲食業への転職の流れ おすすめ求人サイト